キャンプ・旅行

佐賀県の「波戸岬キャンプ場」でカキを食す臨海キャンプ!

うぅぅぅコロナめ…..。

僕、元々はゴリゴリのインドアでたまに紫外線を浴びるとその夜頭痛がしたりしていたので、

 

「お前、ドラキュラなの??」

 

なんて言われたり、

自分で言うのもあれなんですけど色白だから、

 

「なんかお前白すぎじゃね?顔色悪いで」

 

とか言われることがよくあるんですが、

普通に元気っていうのとゆるキャン△を観てインドアでもありアウトドアでもある人間になってしまったんですよね。

なので、インドアも好きなので自粛って言われても、

 

「自粛かー、まぁ余裕っしょ!!」

 

なんて思っていたんですけど、自粛自粛って言われるとなんか外出たくなりますよね!?

なんか、ここ絶対押しちゃだめだよってやつに似た何かを感じますよね!?!?

そんな気持ちを押し殺してキャンプに行きたい気持ちを抑えつつ、緊急事態宣言がでる前の2月初旬にキャン友(キャンプ友達)と行った佐賀県の「波戸岬キャンプ場」が最高だったので振り返ってみました!

1日目

栄養満点「海のミルク」を入手するため糸島に寄り道

まず、キャン友と話し合ってこのキャンプ場は臨海ということもあり、

 

「キャンプ場で海見ながらカキ食うって最強じゃね!?」

 

てなったのでカキで有名な糸島に寄り道しました!

ちなみに、カキの身の色が乳白色っていうのと牛乳のように栄養満点だから海のミルクって言われているらしいです。

特に亜鉛がめっちゃ入ってるっていうことは結構知られてますよね!

あ、あと波戸岬キャンプ場は佐賀の唐津にあるので意外と糸島との距離はそんなにないのと糸島のカキはたしか10月頃から4月頃までの間しか食べられないです。

昼ご飯は意外と知られていない唐津で激うまなやつ!

カキを買った後は意外と知られていない唐津で激うまな唐津バーガーを食べに「からつのハンバーガーとコーヒーの店」に行きました!!

 

ここ、こんな感じで唐津で有名な虹の松原でバスで売ってるんですよ!

松に囲まれた中でおしゃれなバスで売ってるのでめっちゃ映えますね。

しかも、ハンバーガーは野菜たっぷりで肉も結構厚みがあって油がでてくるほどジューシーでかなり美味しかったです。

あと、チーズです!

チーズも入ってるんですけど、これもまた分厚くて濃厚なんですよ。

噛めば噛むほどチーズの香りが口いっぱいに広がって、もう口のなかパラダイスですよ。

絶対また行きます!!

ここはコーヒーもうまいらしいので今度はコーヒーも飲みます!

いざ、波戸岬キャンプ場へカキ焼きキャンプ!

唐津バーガーを食べたあとは、さっそく波戸岬キャンプ場へ行きました!

メモ

  • 営業期間:12/29 〜 1/3は休み
  • 利用時間(オート、一般、フリー):[チェックイン] 12:00 〜 17:00まで、[チェックアウト]:11:00まで、[日帰り]:11:00 〜 20:00まで、[温水シャワー]:24時間
  • 管理棟営業時間:9:00 〜 17:00(週末や繁盛期は20:00まで)
  • 定休日:毎週水曜日(ゴールデンウィーク、7 〜 9月の繁盛期は無休)
  • 炊事棟あり
  • フリーサイト:大人 1泊2日 2200円
  • キャンセル料:3日前まではなし、2日前・前日は50%、当日・無連絡は100%(天候によって安全に利用できないと判断された場合はキャンセル料なしで返金される)
  • 備品レンタルあり:テント、チェア、BBQコンロ etc.
  • まつぼっくりとか着火剤代わりになるものがかなり落ちてたので着火剤はいらない感じ

この絶景、最高すぎません?

着いたら、テント設営をしてさっそくカキを焼きました!

海をバックにカキを食し、ビールで流し込む…。

もうね、

 

「ゥンまああ〜いっ!!!!!(億泰)」

 

てなりました。

ちなみに、予約しておけば管理棟で佐賀牛、アメリカ牛、カキは買うことができます。(夜は佐賀牛BBQをしました)

ここは、レンタルも豊富にあって佐賀牛の販売(予約必須)とか近くにオーシャンビューの温泉(国民宿舎 波戸岬)もあっていろいろと充実しているのでめちゃおすすめのキャンプ場です。

もちろん、温泉にも行きましたよ!!

国民宿舎 波戸岬 (日帰り入浴)

メモ

  • 営業時間:11:00 〜 20:00(水曜は15:00〜20:00)
  • 利用料金:大人 420円

キャンプと温泉はセットです!

さっき、おすすめっていったんですけど風にはまじで注意です。

臨海なので結構強いです、行く前に風速を調べることを超おすすめします。

下手したらテントのポールが折れるか、冬は凍死(防寒まじ大事)するかもです。

2日目

佐賀の名物「呼子のイカ」を食う!

みなさん、佐賀といったら….

あれ?なにも思い浮かばない?

アレがありますアレ、そう、イカです!

あの有名なイカゲームとコラボもしましたしね。(やったことないですが)

ということで、2日目はキャンプ場で少しのんびりしたあとに、呼子のイカを食べに「いか本家」に行きました!!

呼子のイカといえば、海中レストランで店の中から海が見えるで有名な「海中魚処 萬坊」「いか本家」ってところですかね。

いか本家ではイカの活き造りと定食を食べました!

(活き作りの写真撮り忘れた…しかも、フタ開けてないやつあるやん😇)

めちゃ美味しかったです!!

イカは新鮮でコリコリでした。

イカの活き造りを食べたあとは、もちろん天ぷらにしてもらいました。

なんだろう、、サクサクプリプリコリコリでかなり美味しかったです!(なんかカオスやな)

まとめ

とにかく海をバックにカキを炭で焼いてビールで流し込むのは最強だということがわかりました。

あと、波戸岬キャンプ場は施設と施設周辺がかなり充実しているのでめちゃおすすめです。

ただ、臨海なので風には注意が必要ですね。

それと、呼子のイカを食って帰るという贅沢コースもできます。

キャンプ好きな方は行くとたぶん幸せになれると思います!

では!

-キャンプ・旅行

Copyright© nanopeak , 2021 All Rights Reserved.